コンパクトに収められる葬儀「家族葬」

コンパクトに収められる葬儀「家族葬」 少子化や高齢化など家族形態が変化してきており、葬儀の形式も様変わりしてきました。
近年注目されているのが家族葬で、家族や親族、親しい間柄の人のみ参列する形式のものです。
葬儀自体の流れは従来のものとほとんど変わりませんが、参列者の対応に追われることなく故人とゆっくりお別れの時間を持つことができ、体への負担が軽減できるというメリットがあります。
そして参列者が増えれば費用もかさみがちになりますが、親しい人のみが参列者になる家族葬においては費用も軽減できることもメリットとなります。
家族葬は、従来の葬儀よりもコンパクトに収められる特徴があるのです。
最近では浸透してきた葬儀形式ではありますが、家族や親族の同意が得られないということも十分考えられます。
また、後日自宅において参列できなかった人の対応に追われる可能性があることを想定しておかなければなりません。
いざというときのために、どのような形にしたいのかを考えておくことがおすすめです。

弔問客の負担が軽い葬儀「一日葬」

弔問客の負担が軽い葬儀「一日葬」 近年は社会情勢や人々の考え方の変化により、お葬式の形態が様変わりし始めています。
都市部を中心に葬儀のコンパクト化、時短化が進んでおり、しだいに地方へも広がりを見せてきました。
通常のお葬式は初日に通夜を営み、2日目に告別式と火葬が行われます。
遠方から来る弔問客や遺族の負担が大きく費用負担も少なくありません。
一日葬は、通夜を省略して告別式と火葬のみを行うもので、何かと忙しい現代社会では弔問客や遺族の負担軽減につながり、経費も抑えられることから注目を集めています。
火葬のみを行う直送と呼ばれる方法もありますが、こちらはお別れの時間をゆっくり過ごすことができないなどの理由から、遺族の多くは一日葬を好んでいるようです。
また、家族や身近な親戚、知人のみで営まれる家族葬も近年は主流のお葬式になってきました。
家族葬の場合も通夜を省略した一日葬が好まれています。
家族葬を含め様々な葬儀に対応できる業者が増えており、今後は様々な葬儀が選べる時代になりそうです。

新着情報

◎2019/2/21

注目される海洋散骨
の情報を更新しました。

◎2018/7/25

遺骨をロケットに託す葬儀「宇宙葬」
の情報を更新しました。

◎2018/5/21

宗教や監修にしばられない自由葬
の情報を更新しました。

◎2018/4/27

サイト公開しました

「葬儀 負担」
に関連するツイート
Twitter

親戚はまだしも父の葬儀は手続きがいろいろ大変だったし、旦那も兄弟もいたけどそれでもすごく時間がかかったからこりゃ先々娘の負担も大変だ、って今から思っちゃった。まだまだみんな元気に暮らすつもりだけど。

身近な人の不幸は、それだけで心に大きな負担となり、葬送の手順なども思うようにならないものです。 私どもでは、そんなご遺族の皆様の身になり代わって、喪心よりご葬儀のお手伝いをさせて頂きます。http://yokohamaseiko #yokohama #sougi #fuhou

Twitter誠行社葬祭南斎場@minamisaijyou

返信 リツイート 0:40

高齢者の医療費負担率上げて安楽死認めて安楽死の場合は相続税とか贈与税免除にして葬儀代も100万くらいまで国が補助にしよう

返信先:@3tgyEgIQyp0C8kk他1人 うちはまだ50代やけど 既に葬儀 墓 は無しでいいと 自分は全くおかしいと思いません 海に散骨してくれればいいと ボウズに金くれるなら孫に美味しいもん食べさせてやれと(まだいません) そして、お金は残せないかもしれんけど絶対に負担にならないようにすると 祖父母がいい反面教師でしたので

TwitterNo.1ハイセンシ10500dpi エナドリに声を盗られたテイカチャン 兼まぐまぐ 兼 ○○@ww_ww_ww_SP

返信1 リツイート7 昨日 17:34

家族とかに負担がかからぬように、葬儀やらは安く済ませて欲しい #あなたが死んだら

そういうところが殆どだと思うけれど、家族だというなら人間と同じように専門の所に葬儀代など払って供養してあげればいいのではないかと思うのですが…。公的なところになんでもかんでも負担しろというのは無理があります。その費用を捻出するために税金が必要なことわかってますか?

Twitterがら@コーギーのくるみ3歳@gara0715

返信 リツイート 昨日 1:38

身近な人の不幸は、それだけで心に大きな負担となり、葬送の手順なども思うようにならないものです。 私どもでは、そんなご遺族の皆様の身になり代わって、喪心よりご葬儀のお手伝いをさせて頂きます。http://yokohamaseiko #yokohama #sougi #fuhou

遺産相続問題が増えたのと、自分の葬儀やお墓を自分で前以て決めて、遺族の負担を減らそうって事で終活が出来て、その一環で遺言書を残そうって事から終活ノートが出来て、今ではエンディングノートとして書店で売ってるし、葬儀体験果てには入棺体験なんかあるんだよな>RT

TwitterMASA(いいねの人)🌃 10/14横浜文化体育館 12/12横アリ(スピッツ)@MASAidea

返信 リツイート 9/17(火) 18:18

葬儀豆知識】「通夜振る舞いのマナー」 通夜振る舞いは故人と遺された者が最後に共にする食事、という意味を含むため気持ちの問題としては参加することが好ましい。また、泥酔するほどの晩酌は避ける方がよい。現代では喪家の負担を減らすために2時間程度で早めに切り上げるのが一般的である。

身近な人の不幸は、それだけで心に大きな負担となり、葬送の手順なども思うようにならないものです。 私どもでは、そんなご遺族の皆様の身になり代わって、喪心よりご葬儀のお手伝いをさせて頂きます。http://yokohamaseiko #yokohama #sougi #fuhou