宗教や監修にしばられない自由葬

宗教や監修にしばられない自由葬 葬儀というと、仏教などの宗教形式に則って行われるのが一般的ですが、最近ではそうした形式にとらわれずに行う自由葬と呼ばれるものを選ぶ方も増えています。
特徴としては、宗教形式にとらわれないことの他にも、自分で内容をプロデュースすることができるということが挙げられます。
具体的にどのような形で行われるのかということについては、例えば音楽が好きな方の場合であれば、葬儀が行われる際に生演奏や合唱、またはCDなどで音楽を流すといったことが行われます。
そして故人が何か特別な趣味を持っていた場合であれば、その趣味に関する品を展示するなどの方法もあると言えるでしょう。
さらに、動画等を会場で流しながら故人の思い出を語るなどの趣向のものもあります。
このように、自由葬では自由に企画を行えるため、故人の希望に合った葬儀ができるというメリットがあると言えます。
ただし内容によっては費用が高くなったり、準備に手間がかかってしまう場合があるといったことが注意点だと言えるでしょう。

言葉の通り自然に返す自然葬

言葉の通り自然に返す自然葬 核家族・少子化の現代では冠婚葬祭もシンプルなものを選ぶ人が増えており、一般的なお墓以外に永代供養墓を選ぶ人も少なくありません。
これらに比べるとまだ数は少ないものの、お墓に安置したり手元供養することなく自然に還る葬儀・自然葬を選ぶ人も少しずつ増えています。

海洋散骨は船で沖に出て粉上にした遺骨を海に散骨するもので、樹木葬は山などのうちの決まったエリアに埋葬されることになるものです。
どちらの自然葬も個人で勝手に好きなところに散骨したり埋葬したりすることはできず、専門の業者に依頼しておこないます。
自宅から遠い海までお骨を持っていくのが大変な場合でも、郵送で専門業者に送り遺族に代わって散骨してもらう方法があり、樹木葬は地方の山に埋葬できるところがある一方で、都心に近いエリアにある霊園でも対応している場合もあります。

自然に還りたいと考える人に向く葬儀の方法ですが、一度お骨を手放してしまうと取り戻すことができないため、後悔しないよう良く考えて選択する必要があるでしょう。

新着情報

◎2019/2/21

注目される海洋散骨
の情報を更新しました。

◎2018/7/25

遺骨をロケットに託す葬儀「宇宙葬」
の情報を更新しました。

◎2018/5/21

宗教や監修にしばられない自由葬
の情報を更新しました。

◎2018/4/27

サイト公開しました

「自然葬」
に関連するツイート
Twitter