新しいスタイルとして注目される海洋散骨

新しいスタイルとして注目される海洋散骨 葬儀に関する考え方は時代とともに変化しており、現在では大規模な葬儀を望まない人や、お墓を作りたくないと考える人も増えています。
特に自然に還ることができる自然葬は注目が高まっていますが、海への散骨を希望する人も少なくありません。
海洋散骨を希望するのであれば、まずはその方法や注意点をよく理解しておきましょう。沿岸散骨の場合は砂浜や岩場から散骨しますが、海洋散骨の場合はボートなどに乗り、遠洋で散骨します。
散骨には特別な届け出などもありませんが、やはりルールはあり遺骨を粉末状にする必要があります。
散骨が禁止されている場所は少ないですが、それでもどこで散骨しても良いというわけではありません。海水浴場など人が多く集まる場所やフェリーでの散骨はトラブルになる可能性もあるので避けたいところです。
より安全にトラブルなく行うのであれば専門の業者へ依頼することがおすすめです。船をチャーターしてもらうこともできますし、海に出ることが難しい場合は業者が代行で散骨してくれます。

宗教観変化で増加している樹木葬

宗教観変化で増加している樹木葬 日本は、世界でも指折りの無宗教国家ですが、6世紀後期に中国から伝わると共に独自改悪を続けた葬式仏教に基づく葬儀が一般的です。しかし、第二次世界大戦の敗戦以降の高度経済成長期の集団就職による地方の檀家制度の崩壊に加え、葬儀業者と医療機関との結びつきに起因するぼってくり商売やバブル経済の崩壊以降の経済不況により宗教観が大きく変化しました。日本の葬儀は、大規模かつ豪華で高額な葬儀が故人への手向けと考えられて来ましたが、宗教観の変化により高額な墓地や墓石の購入の必要性のなさに気付くとともに大いなる自然への回帰が実現出来る自然葬の1つである樹木葬の人気が高まっています。自然葬は、遺体遺棄や遺体損壊などの刑法によっても禁じられて来ましたが、相模湾沖で行われた海洋葬を契機に自然葬が合法的に行われる様になりました。樹木葬は、岩手県一関市寺院が日本で最初に行ったとされ、以後日本各地で行われる様になっています。

新着情報

◎2019/2/21

注目される海洋散骨
の情報を更新しました。

◎2018/7/25

遺骨をロケットに託す葬儀「宇宙葬」
の情報を更新しました。

◎2018/5/21

宗教や監修にしばられない自由葬
の情報を更新しました。

◎2018/4/27

サイト公開しました

「散骨 海」
に関連するツイート
Twitter

RT @9999_monkeys: 横浜の散骨された友の命日 一緒に遊んだへ“会いに来たよ” pic.twitter.com/jRJ6N7XaOC

TwitterARTODAY - a little@artmix81

返信 リツイート 7:32

返信先:@ow1qtm 私も散骨。 そのような考え方です。 墓の跡継ぎ問題があります。 納骨堂の方がお墓より負担が少ないと考えられたのだと思いますが 納骨堂への維持管理はあることと 思います。 納骨堂にしようかと、、。 一歩進んでいます。 私が墓じまいは重たい実家の墓問題。

RT @miyakazuki01: 旦那「自分が死ぬ頃になったら宇宙旅行とかできる時代になってないかな? 宇宙に散骨とかロマン。無理なら山とか散骨してほしい。自然に帰りたい」 私「以前にTwitterで見たけど、遺骨と遺髪からダイヤモンドが作れるんだって。私の死後はダイヤモ…

火葬だけしてもらって歴代の犬の骨と混ぜて粉砕して(専門業者がいます)、どっかに散骨してもらいたい。もいいけど土に還ってその上に花でも咲いたら素敵じゃないの。

死んだら散骨して欲しい。 理由は、骨を齧るなり体内に取り込んだ魚を漁船が獲って、それが市場に出回って人々の口に運ばれる事を前提として、そこまでの過程を想像出来る人には「人の死体の上に生きている事」を強く意識させれるから。

Twitter㎜短指じゃないよーき@YOKInoKYUJITU

返信 リツイート 昨日 21:37

返信先:@kassyi わかる、うちは散骨派(粉にしてに撒く)

返信先:@ndaP765 拾ったお骨は夜のにでも散骨しといてください…

Twitterそらさんは死んだ。多方面からのあまりの供給量に耐えられなかったのだ@sora_ryusumi

返信 リツイート 昨日 20:00

散骨かぁ…。 に還るっていいよね…。

ホントに。できれば散骨がいちばん。 twitter.com/osukenokami/st…

返信先:@ow1qtm わかる〜! もう正直墓とか煩わしい! 私も散骨してもらって時々写真見てくれるくらいでいいです〜( ̄▽ ̄)